ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 危険!真面目で責任感の強い人が狙われる『モラルハラスメント』とは

モラハラ・パワハラ・セクハラ

真面目で責任感の強い人が狙われる『モラルハラスメント』


みなさん、お疲れ様です。
突然ですが!ハラスメントと聞けば?…パワハラ、セクハラと思いつきますよね。
今日は、それらを含む最恐のモラハラについてまとめていきます。

モラハラと言われても"ピン!とこない"と、聞きなれない人がいると思います。

モラハラはパワハラ、セクハラと同じ略された言葉で、正式には『モラル・ハラスメント』、言葉や態度などによって心を傷つける精神的暴力のこと言います。想像するだけでも陰湿な雰囲気がでてきますね。

では、パワハラ、セクハラを含む最恐のモラハラについてみていきましょう。

ご注意ください
ネット上の情報には、知識のない人間が配信している情報が紛れています。
今回、私自身が記事を書くに当たり読み込んだ情報は、下記の書籍になります。

モラル・ハラスメント-人を傷つけずにはいられない-
写真は私の手元にある書籍です。画像が汚くてすみませんm(__)m
モラル・ハラスメント マリー=フランス・イルゴイエンヌ
※下記が書籍のリンクになっています。
 ▶ Amazon
 ▶ 楽 天
 ▶ Yahoo!
言葉や態度によって、巧妙に人の心を傷つける精神的な暴力=モラル・ハラスメント。家庭や職場で日常的に行なわれる、この「見えない暴力」は、相手の精神状態をしだいに不安定なものにし、ひどい場合は自殺に追いこむという。いったいどんな人間がこのような暴力をふるうのか?いかなる方法がよく使われるのか?どのような性格の人が標的にされやすいのか?どうしてその関係から抜け出せないのか?経験豊富な精神科医がその実態を徹底解明。人間関係に悩むことの多い現代人にとって必読の書である。

モラル・ハラスメントについて詳しく知りたい方は、読み込んでおきたい情報です。
それにより、情報の信憑性や"その情報が何が伝えたいのか?"が分かるようになります。

正確な情報を理解することで、現状は変えられるようになると思います。
くれぐれも誤った情報や不正確な情報に、惑わされないようにしておきましょう。


パワハラもセクハラもモラハラの仲間

パワハラもセクハラもモラハラの仲間です。下記をお読みください。
モラル・ハラスメントは、日常の何気ないやりとりのなかにも見られます。身近な誰かの非を見つけ、人間的な価値を貶めて自尊心を満足させるのが、加害者の常套手段です。

モラル・ハラスメントは、家庭だけで起こるものではありません。友人、恋人関係の中でも起こりますし、職場のパワーを利用したいやがらせ(パワハラ)、異性に対する性的いやがらせ(セクハラ)も、モラル・ハラスメントの仲間です。つまり、どんな状況であれ、自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為は、すべてモラル・ハラスメントに関連するのです。

加害者の常套手段→身近な誰かの非を見つけ、人間的な価値を貶めて自尊心を満足させる
加害者は、自己満足のために被害者となる人間をみつけ、精神的な苦痛を与えているということです。怖いですが、被害者に選ばれたら、加害者に怒りを覚えてしまいますね。

加害者の特徴と診断基準

加害者は、フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌ氏は、著書『モラル・ハラスメント』のなかで、加害者を「自己愛的な変質者」「症状のない精神病者」であると語っており、医学的には人格障害の一種である自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)であることが多いとされています。

加害者の特徴および診断基準は下記のとおりです。身の回りに該当する人はいませんか?
加害者の特徴
・いつも自分が優位に立ち、賞賛が得られないと気がすまない
・他人の気持ちに共感することや、心を通わせあおうという気持ちがない
・他人にあこがれて近づいても、すぐに嫉妬で心がいっぱいになる
・他人をほめることをしない。欠点をあげつらい、いつも悪口をいっている
・自分の考え方や意見に異を唱えられることをいやがり、無条件に従うことを要求する
・自分の利益のためなら、他人を平気で利用しようとする
・自分は特別な人間だと思っている

モラル・ハラスメントの加害者となる人物には特徴が存在する。
加害者となるのは、「自己愛的な変質者」である。罪悪感を持たない、責任を他人に押し付ける、子供の頃に受けた何かのトラウマによってなる性格だとは考えられるが、普通の人なら罪悪感を持ってしまうような言葉や事を平気で出せる/出来る、誰かから奪うことを欲している、内心の葛藤を自身で引き受けることが出来ず外部に向ける、自身を守るために他人を破壊する必要を持つという「変質性」を持つ、というところに特徴がある。
「症状のない精神病者」と理解される。モラル・ハラスメントの加害者の攻撃性は、ナルシシズムが病的に拡大されたものである。

自己愛性パーソナリティ障害の診断基準-DSM-IV-
1.自己の重要性に関する誇大な感覚。自分の業績や才能を誇張する。
2.限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
3.自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人や施設にしか理解されない、または関係があるべきだと信じている。
4.過剰な賞賛を求める。
5.特権意識、つまり特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
6.対人関係で相手を不当に利用する、つまり自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
7.共感性の欠如。他人の気持ちや欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
9.尊大で傲慢な行動、態度。
※他人を自己愛性パーソナリティ障害と判定するため掲載しているものではありません。判定には医師の診断書(診断結果)を利用してください。


加害者がよく使う方法

加害者は、どのような方法を使って被害者をつくりだしているのでしょうか。

加害者がよく使う方法です。身の回りの人から受けた経験はないですか?
加害者が相手を不安に陥れるためによく使う方法
・政治的な意見や趣味など、相手の考えを嘲弄し、確信を揺るがせる
・相手に言葉をかけない
・人前で笑い者にする
・他人の前で悪口を言う
・釈明する機会を奪う
・相手の欠陥をからかう
・不愉快なほのめかしをしておいて、それがどういうことか説明しない
・相手の判断力や決定に疑いをさしはさむ


被害者の特徴

加害者が、どのような相手を被害者に選んでいるのかみてみましょう。

被害者の特徴です。自分に当てはまっているところはありませんか?
モラル・ハラスメントの被害者
モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。
被害者となるのは、几帳面で、秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い、メランコリー親和型(非常に几帳面、生まじめ、完璧癖がある。うつ病になりやすい。)というタイプの人物で、起こった出来事に対して、自分が悪いのでは?と罪悪感を持ちやすい、誰かに与えることを欲しているという特徴がある。
そのタイプの人物が、自己愛的な変質者が欲しているのだが、持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出している場合、自己愛的な変質者の前に居合わせることになったとき、「被害者」に「選ばれる」

現場監督(現場代理人・主任および監理技術者)の方、気になりませんか?
几帳面で、秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い、と言えば…会社によって、多少の違いはあるのもも職務ですり込まれていますね。十分に気を付けてください。

また、モラハラは現場監督に限られたことではないので、被害者に該当していると思った人も十分に気を付けてください。あなたを「自己愛的な変質者」「症状のない精神病者」が狙っているかも知れません。

次は、モラハラが行われていく過程をみていきましょう。

▶ 知らず知らずのうちに逃げられなくなる『モラルハラスメント』

注意:思いつくことがあった人は、必ず続きをお読みください。

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。