ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ トラブル事例から考える-請負業者(施工業者)のトラブル対応案|発注者支援・現場技術

業務対応


請負業者(施工業者)のトラブル対応案


発注者支援技術者が起こしているトラブル事例から考えられる請負業者の対応案についてまとめています。


①発注者支援技術者から請負業者への変更設計図面及び数量の作成要求

設計図書の変更は、請負業者の仕事ではありません。お断りしてください。

理由
設計図書の変更は、下記(土木工事共通仕様書および土木工事監督技術基準(案))のとおり監督員の業務ですので、請負業者でおこなう必要はありません。
また、設計図書の変更とは、変更設計図面及び数量の作成であり、変更に関する確認資料等は協議等を通じて、請負業者が提出する必要がありますので混同しないよう注意してください。

対応
下記の文章を伝えてください。
1-1-14 設計図書の変更
設計図書の変更とは、入札に際して発注者が示した設計図書を、発注者が指示した内容及び設計変更の対象となることを認めた協議内容に基づき、発注者が修正することをいう。

(6) 変更設計図面及び数量等の作成
一般的な変更設計図面及び数量について、請負者からの確認資料等をもとに作成する。
契 第 18 条 共仕第 1編 1 ー1 ー 14

注意:発注者支援技術者に教える場合は、当該発注者の共通仕様書及び技術基準を利用してください



②発注者支援技術者から夜の接待要求等

夜の接待等は、請負業者の仕事ではありません。お断りしてください。
また、要求内容をボイスレコーダー等を利用して証拠を必ずおさえてください。


理由
夜の接待を断るのは常識ですが、要求の仕方によってはハラスメントに該当する可能性があります。

対応
準備と体制を参考に体制を整え対応してください。


③発注者支援技術者から暴言や嫌がらせなどの行為等

ボイスレコーダー等を利用して証拠を必ずおさえてください。また、毅然とした態度で対応してください。

理由
ハラスメントに該当する可能性があります。

対応
準備と体制を参考に体制を整え対応してください。


④発注者支援技術者の態度や言葉遣いが悪い等

節度を弁えていない場合、上記③発注者支援技術者から暴言や嫌がらせなどの行為等を参照


⑤発注者支援技術者の独自見解・過度な要求・発注者の意向と一致しない指示等

発注者支援技術者に指示者と内容を確認後、すぐに監督職員(発注者)に確認してください。

理由
発注者支援技術者の独自見解等であった場合、再施工(やり直し)を要求された例(新聞に掲載されたトラブル)があります。

対応
監督職員に確認した内容を発注者支援技術者へ伝えてください。
それでも、発注者支援技術者が納得しない場合は、監督職員からの指示または協議がないと出来ない旨を伝えてください。


⑥発注者支援技術者が現場でパトロールのようなことや写真撮影をする等

発注者支援技術者に行動の理由を確認してください。

理由
発注者支援技術者による不祥事(窃盗事件:職場狙い)が発生しています。
また、無断で現場に立ち入り怪我や事故などが起きた場合は、請負業者の責任(現場の管理が不十分)になる可能性があります。

対応
請負業者の現場代理人等に連絡してから立ち入るよう(無断・無許可で立ち入らないよう)指導してください。


⑦発注者支援技術者の技術提案に協力を要求してくる等

発注者支援技術者に協力を要求してくる理由を確認してください。

理由
請負業者の協力が必要な場合、工事の進捗や工費に影響する場合があります。契約事項等に抵触していない場合、工程の遅延や実費が嵩むことを理由に断ることもできます。

対応
工事の契約と関係ない場合、発注者支援技術者に費用を請求するなど、協力する条件等を社内で相談し、両社間で契約したうえで対応してください。


①~⑦の対応後、嫌がらせ等が始まったりエスカレートした場合等

ボイスレコーダー等を利用して証拠を必ずおさえてください。また、毅然とした態度で対応してください。

理由
ハラスメントに該当する可能性があります。

対応
準備と体制を参考に体制を整え対応してください。


ご注意ください

発注者支援技術者が起こしているトラブル事例から、背徳(人倫、道徳にそむく)・背任(任務にそむく)行為が横行していることが伺えます。

トラブルが起きてからでは、工事に関わる全員が嫌な思いをしてしまいます。

そうなる前に、請負業者は準備と体制を、しっかりと整え発注者支援技術者に対応できるようにしておきましょう。

行為の抑止方法については、こちらをお読みください。
▶ 発注者支援技術者の背徳・背任行為から守る3つの方法
ハラスメントについては、こちらをお読みください。
▶ 真面目で責任感の強い人が狙われる『モラルハラスメント』
▶ 知らず知らずのうちに逃げられなくなる『モラルハラスメント』




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:建設業 | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。