ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 「上達させたいこと」建設業関係者にとってブログのアクセス数とは?

建設業関係者にとってブログのアクセス数とは?


「上達させたいこと」建設業関係者にとってブログのアクセス数とは?


みなさん、お疲れ様です。
最近は、梅雨で大変…
こんな日が続くと早く梅雨明けして欲しいと思ってしまいます(^_^;)

今日は、これまでいろいろなブログを訪問させて頂き感じたことを書きます。

いろいろいな建設業関係者のブログを目にしますが、
カウンターのついているブログのアクセス数をみてみると、
ほとんどのブログが、それほどアクセス数が多くありませんでした。

このブログも、最近やっとアクセスが集まるようになってきました。
もちろん、ブログ初心者ですので、始めた頃のアクセス数は1ケタからのスタートでした。

"どうやってアクセスを上げてきたのか"については、
ブログを読んでいる皆さんはご存知のことと思います。
こちらにまとめているので、アクセスアップしたい方は読んでください。
 ▶ アクセスアップ


そこから一歩進んでみる

こうしている今も多くの建設業関係者の方が
"いつ、人に見てもらえるんだ?"と、思ってブログを書いているかも知れません。

そこで、私が200%自信を持ってお伝えできることがあります!
"人の見えるところに出ていかないと、誰も気づいてはくれない。"
というこです。

自信を持って書きましたが、
当たり前のことを書くな』と、怒られそうですね(-_-;)

でも、考えてみてください。
実際にアクセス数が少ないというのは、人に気づかれていない証拠でもあります。

納得できたら、これまでしてきたことを改めて考え直してみる機会だと思います。
そこから一歩進んでみましょう!


建設業関係者にとってブログのアクセス数とは?

まず、ブログのアクセス数は、訪問者数や閲覧回数ですが、
インターネット上でのつながりを現していると言っても過言ではありません。

また、アクセス数はブログの質(情報の有用性:広い意味で人 の役に立つか、利便があるかどうか)にも関わるので、書いている側としては、とても気になるところです。
ブログを書いている方なら、同意見ですよね(^^)

建設業に勤める私が思うことなので、
『建設業関係者にとってのブログのアクセス数とは』、先述のとおり…
気になるものです。


「上達させたいこと」ではあるが…

だから、アクセスアップの方法は「上達させたいこと」と、考えるかも知れません。

ブログを書いている以上、考えない方が難しいですよね(^_^;)
自分の書いた記事でアクセスアップにつながるなど…
間違いなく、アクセスアップの方法は存在しています。

ただ、ツールやサイトを活用したほうが良いです。
理由は、記事に集中できるため、ブログを書いていくのに無駄がありません。

ということで、サイトを活用した方法についてです。


サイトを活用したアクセスアップの例

サイトを活用したアクセスアップの例を紹介します。(ちょっと報告入ります。)
山紀建設の日々(山紀建設さんのブログです)を例にあげさせて頂きます。

相互リンクと土木オンラインへの登録によるサイトを活用したアクセスアップの方法です。

効果が少し出始めているので、下記をクリックしてみてください。
グーグルの結果
 ▶ 山紀建設の日々  ▶ 山紀建設
相互リンクと土木オンラインによる登録数 ▶ データベースヒット数

このように、検索結果に表示されたり、データベースから検索サイトに登録されていきます。
表示順位は、登録いただいているサイトの記事やキーワードの組み合わせで変わります。
言い換えれば、相互扶助の関係によって表示される順位が変わっていくわけです。

皆さんも、このブログの右上にある"データベース検索"で、ブログ名やキーワードを検索すると登録数が分かります。効果の確認は、各自でお願いしますね(^^ゞ


相互リンクとサイト登録の効果

先に書いたとおり、アクセスアップのテクニックなどを上達させなくても、
相互リンクとサイト登録だけで検索すると、サイトがヒットするようになります。
あとは、検索した人がクリックしてくれるかが問題ですが、それは別の話です(笑)

相互リンクやサイトを活用した方法は、
"検索結果への表示"が、その効果なので十分に効果を発揮しています。

活用している方は、キーワード(以前は無かった検索結果)と、
RSS、ツイッター、ブックマークなども登録していることから、
ブックマーク(リンク元なし)(FC2の場合)の訪問者が増えていると思います。

建設業関係者の方で、アクセス数を伸ばしたい方は、
このような簡単な方法を検討してみてることをおススメします。


ただし、相互リンクやサイトの活用は相手があってのことです。
機械的に考えず、コミュニケーションを図り、お願いするよう心がけてください。


まとめ

今日は、アクセス数の少ない建設業関係者のブログをみて感じてたことを書きました。
これまで、相互リンクやサイトを活用したことがない方はアクセス数が変わると思います。
ぜひ、新しい"つながりづくり"を検討してみてください。

今回、この記事を書いた理由は、
訪問者の少ないブログを見た時に"モッタイナイ"と思ったからです。

ブログを書く労力も、それ相応に必要ですし、
アクセスがなければ、見てくれる人もいないため、書く気力が失せると思います。
そうなると、途絶えてしまい…書いた記事も併せて"モッタイナイ"です。

良い記事が多くの方に届くよう、
明日書くブログが、今日より楽しくなるように!
あなたの記事を 一人でも多くの方に配信してください(^^)

この記事が、みなさんのつながりづくりに役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:建設業 | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。