ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 建設業界の今を考える『考え方次第で未来は明るくできる』すべてはあなた次第

建設業界の今を考える『考え方次第で未来は明るくできる』すべてはあなた次第


建設業界の今を考える
『考え方次第で未来は明るくできる』すべてはあなた次第


みなさん、お疲れ様です。
今日は、建設業界の現状から、少し真面目なコラムを書かせて頂きます。

これまで本当に様々な記事を書いてきました。
これは、私の考えが固定化しないように、
大きな視点で物事を捉えたり、一点だけを見つめ物事を捉えたりするためです。

ブログを読んで下さっている皆さんも、読みながら…
大きな視点で考えたり、一点集中で物事を考えたことがあったのではないでしょうか?

また、人気記事ランキング(ページ下に表示)をみても分かるとおり、
このブログは、現状に不満や問題があり、悩みを解決したいと考えている、
とても前向きな方が、読んでくださっていると思われます。

そういった方々に、何かひとつでもお役にたてれば、
書いている私としても嬉しい限りです。

私が、これまでブログを書きながら感じたことですが、
建設業界には、現状を変えたい…など、つながりを求めている方が大勢います。
建設業の今を考えながら、そのことにふれながら書いていきます。


建設業界の今を考える

建設業界は、今、賃金格差などが生じています。
技術職・技能職・作業員方々の
労働賃金(国の単価)が上がったにも関わらず、厳しい現状があります。

また、労働力が不足している問題もあります。
若者の離職率の高さと就職率の低さから、技術継承もままならない問題が起きています。

建設業界のこのような問題を挙げていけば、キリがないでしょう。

それだけ、現状は厳しいと言われている建設業界です。


考え方次第で未来は明るくできる

しかし、本当に建設業界の現状は厳しいだけなのでしょうか?

歴史をみていくと…
良くなる(安定期)前に、必ずとてつもなく悪い時期(変革・転換期)が訪れます。
皆さんもご存知のように、国によっては、破たんして生まれ変わることもあります。

そう考えると…現状の厳しさが伝えているものは、
今、私たちのいる建設業界は、大きな可能性に向かっている証拠なのではないでしょうか。

そうだとしたら、歴史が証明しているように、
チャンスが巡ってきたと思ったら、どんどんつかまえることが必要な時期です。

つまり、新しく生まれてくる力にどんどん力を与えて、古い体質を変えていく時期です。

また、現状の厳しさを、よくよく見つめてみると…
過去の考えや構造に支配される建設業界全体が、
自ら厳しいところに留まっているだけということが分かります。


このように、ほんの少しだけ考え方を変えるだけで、未来は明るくできることが分かります。
問題は、未来を明るくできる人間が現れるか、また力を貸す人間が現れるかどうかです。


過去に縛られない

"昔は良かった…"

本当にそうでしょうか?
私は、そう思う人が良かった時代だったのだと思います。

誰でも公平に考えるなら、
極端な話ですが、石器時代と現代を考えてみてください。

本当に良かったと言えますか?

少しずつですが、変わりながら、長い目で見れば大きい変化が起きているのです。

今、私たちにできること…
悪くなっているところを良くしていくこと、それだけです。

それは、今を生きている私たちに出来ることであり、
未来を創る子供たちのために、私たちがしないといけないことではないでしょうか?

未来のために、新しいことが必要になるのは必然であり、
過去を引きずるために、権力が支配したり、圧力を加え破壊するべきことではないのです。

新しいことが始まり、未来が良くなるかどうか?
これは、100%確実なことであったり、約束できるものではありません。

だからと言って、新しいことに挑戦しなければ、
今のまま、1mmも変わらず、世界や時代に置いて行かれ、マイナスになっていきます。

そうなりたくなければ、過去に縛られないことです。


今、戦わずに、あなたはいつ戦う?

本当に現状が厳しく、ツライと感じている方へ

そこまで、悲惨な状況に追い込まれて、今を戦わずに、いつ戦う気ですか?

厳しい…ツライ…言葉にすることは誰にでも簡単にできます。
今、やることは、ともに嘆き悲しむことではありません。

力を合わせて現状と戦い生き抜くことです。

この記事にたどり着き、今、この瞬間が好機だと確信しているはずです。

あなたが、厳しい…ツライ…と感じているのは、
良くなる未来を描く力がある証拠なのです。


考えてみてください…
これまで耐えてきて、逃げ出していないということは、
それだけの不平や不満を跳ね返し、改善していくだけの力があったからです。

そして、あなたは知っているはずです。
逃げ出した時に残るものは、後悔の念だいうことを…

やっとつかんだこの機会です。
本当に腐ってしまうまえに…そこから、はいあがる!


それが、あなたが今しなくてはならないことのはずです。
このブログは、建設業の方々が読んでいます。
ブログのコメントから、あなたの声を発信してください。
ともに戦う仲間が欲しければ、チャンスをどんどんつかんでください。


本物と偽物を見抜く

チャンスには、多くの人間が群がろうとしてきます。
その中には、あなたの言葉に動かされた本物の仲間と、
あなたからアイデアや知恵、情報やお金などをむしりとろうとする偽物が存在しています。

本当に残念なことなのですが、
偽物が寄ってくるのは、私利私欲のためであり、実際によく起こり得ることです。


また、偽物は、あなたに言葉巧みに近づき、
あなたから、大切なものを奪い、本物の仲間たちを傷つけます。
そして、あらゆる善意を踏みにじり、自分の私利私欲を満たしていきます。

仲間が欲しいなら、そんなことに巻き込まれないよう、
あなたは本物と偽物を見抜く目を持たなければなりません。
見抜く目を持ちたい方はこちら
 ▶ 人が集まってくる条件とは?騙されない人になろう!『信用してはいけない人』と『信用できる人』の特徴

人間は、心が通じ合い、意気投合したり、楽しんだり…人生の仲間と出会っていきます。

相手の心を知ることが、本物の仲間を知ることだと思います。


私が協力できること

建設業にお勤めの皆さんをインターネットを通じて応援しています。

このブログも、そのひとつですが、
建設業の皆さんが、つながりをつくれるよう下記のサイトがあります。
あなたのつながりづくりにご利用ください
 ▶ 土木オンライン

すべて無料ですので、ご自由にお使いください。
また、使い方が分からないなどありましたら、フォーラムで受け付けています。

ひとつのものを協力して作り上げていく中で、
同じ楽しみや苦労を共有し、距離が縮まっていきます。

そして、その密度や意識が友情や仲間を見つけることにつながっていきます。

あなたが、これからインターネットを使って、
どんな仲間と夢や希望を紡ぎながら、この建設業界で活躍していくのか…
一体、どんな人たちを笑顔にしていくのか…考えるだけで、ワクワクしてしまいす。


私は、建設業にお勤めの皆さんに、
つながりづくりの場を提供することで協力しています。
あなたの目的のため、情報や時間を共有するために活用してください。


まとめ

建設業界では、こうしている今も悲痛なニュースが飛び交っています。
しかし、その現状を変えられるのは、国でも他人でもありません。
また、現状に愚痴を言うことでもありません。

現状に不満や不安を感じている人が"立ち上がる"ことでしか変えることはできません。
誰かのせいにしたり、社会のせいにしたりして逃げるのではなく、
自分に出来ることを考え、前向きに歩いてください。

必ず、同じ気持ちや考えを持つ仲間が現れるはずです。
今は、一人かもしれませんが、あなたの声を待っている人が必ずいます。
一生は一度きり、悔いを残す人生だけは送らないよう、今を生きてください。

私は、そんな頑張って生きている人たちの味方です。

安心して、このブログやサイトを活用して、
あなたの声をひとりでも多くの皆さんに届けてください。

この記事が、みなさんのつながりづくりに役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:今日のブログ | GENRE:ブログ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。