ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 思考力を鍛える『何事も肯定型で思考力をアップ』あなたは出来る?

思考力を鍛える『何事も肯定型で思考力をアップ』あなたは出来るか?


思考力を鍛える『何事も肯定型で思考力をアップ』あなたは出来る?


みなさん、お疲れ様です。
今日は、思考力を鍛えるための記事です。

思考力は、考えたり、経験や知識をもとにあれこれと頭を働かせる力のことです。
しかし、この思考力は少し曲者なのです。

曲者というのは、感情によって鍛えられるかどうかが左右されるためです。
そのため、“あなたは出来る?”と、見出しにつけました。

では、記事を紹介します。


思考力を鍛える『何事も肯定型で思考力をアップ』

記事は抜粋ですので、詳しく知りたい方はリンク先をお読みください。
『何事も肯定型で思考力をアップ』
「脳に入ってきた情報はまず『大脳皮質神経細胞』で認識され、次に『A10神経群』と呼ばれる部分に到達します。ここで『好きだ』『嫌いだ』といった感情が生まれ、その感情がレッテルとして情報に張られます。次に情報を理解・判断する『前頭前野』へ入っていき、自分に対してプラスの情報であれば『自己報酬神経群』へ持ち込まれます。そして、自分にとって価値の高いものにするために『線条体―基底核―視床』『海馬回・リンビック』へと進んでいきます。A10神経群から海馬回・リンビックまでの神経群を『ダイナミック・センターコア』といって、このなかを情報がぐるぐる回りながら、人間は思考しているのです」

脳が思考する仕組み

私たちの脳のなかでは、実に複雑な思考システムが機能しているわけだ。しかし、驚いてばかりはいられない。林教授は思考力を高めるための重要なポイントを伝授する。それは、各神経群の機能を守るために生まれてきた「本能」の働きと、それを脳にとってプラスに作用させる「習慣」についてである。

まず、A10神経群について林教授は、「自分を守りたいという自己保存の本能が基盤になっています。たとえばテストで悪い点数をとると、自分を守るために『こんな点数は覚えておきたくない』『この科目は嫌いだ』というように好き嫌いが決められます。そこで『もうダメだ』『もう無理だ』と思うと、脳の“否定語”として作用して、脳の思考力をダウンさせてしまいます。つまり、何事も否定的にとらえないことが、脳にとって“いい習慣”になるのです」と語る。

次の前頭前野で物事を理解して「正しいか」「正しくないか」を判断する基盤になっている本能が「統一・一貫性」である。私たちが「筋の通らないものはダメ」と判断するのは、すべてこの統一・一貫性が基盤になっているから。それゆえ、その理由を問われても「いいものはいい」「悪いものは悪い」としか答えようがない。実はそうした統一・一貫性を活用することで集中力を高められるという。

「仕事をしていれば、嫌なことでも考えなくてはいけないことが当然出てくるでしょう。そのときに大切なのは『環境の統一・一貫性』を保ってあげることです。つまり、自分の脳がよく働く一定の環境をつくってあげる。その環境のことを私は“マイゾーン”と呼んでいます。それはトイレのなかだったり、蒲団に入って目を閉じた状態だったり、人によってさまざまでしょう。しかし、マイゾーンに入っていると、集中力が高まって考え続けることができるようになります」

もちろん、オフィスに自分専用の個室がなくても一向に構わない。デスクの周りを整理して、目に入るものは考えるのに必要な資料だけという状態に保つだけでも、マイゾーンをつくることは十分に可能なのだ。そして次第に隣で同僚が電話をしていても気にならなくなり、ダイナミック・センターコアのなかで思考を巡らせるようになっていく。

さらに次の自己報酬神経群だが、文字通り自分に対する報酬が与えられることによって機能する神経群である。では、脳にとっての報酬とは何だろう。「人間には生まれながらにして持った『仲間になりたい』という本能があって、脳に『人が喜ぶことが自分にとってもうれしい』と感じさせます。つまり、貢献心が満たされるときに『自分にとっての報酬』ととらえ、『自分でやってやる』という欲望へつながっているのです」と林教授は語る。

何かトラブルに巻き込まれて「嫌だな」「面倒だな」と感じた途端に思考力が低下し、解決策を見出せなくなる。逆に「このトラブルを解決することでお客さまや会社の仲間を助けることができる」と肯定型でとらえられれば、「このオレが最高の解決策を出すのだ」というモチベーションが生まれてくる。

また林教授は、「自己報酬神経群は『もうできた』『もう終わりだ』と思った瞬間に、モチベーションを低下させる機能があるので注意してください」と注意を促す。「だいたいできた」と感じることで、無意識のうちに思考することをやめてしまうからである。


あなたは出来る?

あなたは、否定的な会話や文章など、人の話を聞くことが出来るでしょうか?

以前、下記の記事で『謙虚』ということについてふれました。
 ▶ 人から学ぶことの大切さ『プロフェッショナル-仕事の流儀』をみる

謙虚であれば、人の言葉から否定的な感情より先に『学ぶ』ことを考えますので、
自ずと思考力が鍛えられると思われます。

現場監督さんの仕事(責任)で例えると…
打ち合わせ簿を提出して認められなかった場合、否定的な感情に流されるのではなく、
『なぜ認められなかったのか?』を明らかにして、
その理由から認められるケースを分析し、社内で説明することです。

それによって、次の提出時は認められるようになる可能性が高まります。
また、会社でその情報を共有することにより、他の現場で認められるケースが増えます。

このように、否定的な感情に流されないことが、責任を果たすことにつながります。
そのため、思考力を鍛えることは、仕事にとっても、とても大切なことだと言えます。


情弱からの脱出にも

情弱とは、情報弱者のことです。
現在は、情報化社会と言われるほど、情報が多い世の中です。
このような社会だからこそ、正しい情報を見抜く力が必要になります。

思考力は、情報の正しさについて追究することに役立つことから、
『面倒だ』、『つまらない』…などの否定的な感情に打ち勝つことが、
正しい情報だと裏付けるための根拠を探し、調べることにつながっていきます。

このように、根拠を調べることは、情報をうのみにすることを防止するため、
情報に騙されることが少なくなり、情報を見抜く力を養うことになります。

そのため、思考力を鍛えることは、
情弱から脱出することにもつながっている
と考えられます。


まとめ

記事にもありましたが、思考力を鍛えるため、
否定的な感情が出てきそうになった時は、すべて肯定型でとらえ、
「このオレが最高の解決策を出すのだ」というモチベーションを生み出しましょう。

この記事を読んだあなたなら出来るはずです。

また、脳は決断力にも影響しています。
決断力に不安がある方は、下記の記事をお読みください。
 ▶ 脳を鍛える!『決断できない人』言い訳ばかりが出てくるのはなぜ?

この記事が、あなたのセルフマネジメントに役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:成功の為の気付き | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。