ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 『日本をダメにしたB層の研究』からB層は気付くことがあったのか?

日本をダメにしたB層の研究


『日本をダメにしたB層の研究』からB層は気付いたことがあったのか?


みなさん、お疲れ様です。
今日は雑談ですが、『B層』のことは、皆さんご存知ですよね?

私は、書籍に書かれているB層の要素を持っている(B層と思った)ひとりです(^_^;)
みなさんの中にも、『私もB層だった』と思った方がいるのではないでしょうか。

今日は、そんなB層の話なのですが、『日本をダメにしたB層の研究』を読んで、
"自分はB層"と思ったことで気付いたことがあったのか?という雑談です。

はじめに、率直な感想です。
私は、『日本をダメにしたB層の研究』を否定も肯定もしません。
読む人によっては、常識を疑うために読む本として良書になるかも知れませんし、
研究より主張のような感じがするため、気分を悪くする方もいると感じた書籍でした。

まずは、B層をよく知らない(分からない)方に紹介しておきます。


『日本をダメにしたB層の研究』とは

書籍として販売されているものなので、詳しくは書籍をお読みください。
『日本をダメにしたB層の研究』
内容:橋下首相待望論が沸き起こる中、現代日本で起こっているさまざまな「くだらない」現象を読み解くキーワードが「B層」である。著者はすでに「ゲーテの警告」「ニーチェの警鐘」の二冊の+α新書で、偉大なる哲学者、教養人の言葉を引きながら、近代大衆社会の末路が現在であり、それを象徴しているのが「B層」の横行であることを指摘し、多くの支持を得ている。

「B層」=比較的IQの低い、騙されやすい人間たち、の特徴を細かく解説しながら、多くのB層に支持された民主党がかくも無様に崩壊した理由、そしてまた懲りもせず橋下徹こそ日本国首相にもっともふさわしいという今日の世論調査の結果に現れるB層の「勘違い」の害毒を、あらゆるジャンルで分析しながら、あぶりだしていく。

-読者感想-
逆さまに見た世界こそが真のあるべき姿?
この著者の本を読んでいると、たとえば「民主主義」のような
いままで自分が「当たり前」「良いこと」に思っていたことが、、
じつは「異常」であり「悪しきこと」であるという真逆の視点でひっくり返される。
まずそこで、純粋にエンタテインメントとしての読書が味わえる。

賛否が分かれる著者だとは思うが、
批判する人はどうも著者を「上から目線」「B層をバカにしている」と勘違いして
人格を攻撃しているように感じる。

ただ、本書でも書かれているように、
著者は愚直に過去の賢者の視点に立って世の中を語ってるだけである。
もちろん、「だからオレは偉いんだ」という高慢な態度ではないだろう。
むしろ「オレには個性もオリジナリティもないから賢者に学ぼう」という
謙虚な態度ではなかろうか。
ニーチェだったら、ゲーテだったら、いまの世の中をどのように見ているだろう……、
それが著者のB層論を語るときの切り口である。

なんて知ったふうなことをこんなところに書いている私もB層に違いないと思う。
それに私だけではなく、批判する人も擁護する人も
そして著者も含めてB層的な要素はみんな持っているはず。
それを自覚することが、曇りなく世の中を見つめて生きるための第一歩なのだろうと感じた。。

何の解決にもならない本
ポピュリズムの台頭、政治家の資質の劣化など、現状の分析の部分については、首肯できる部分もないではない。
ただ「素人は黙っておけ」という論旨だと、素人はずっと素人のままである。
それでは何の解決にもならない。
日本をダメにしたB層の研究筆者は批判するが「参加した気分」でも、それで得る何かはあるのであり、参加も何もしないよりはずっとプラスではないか。
むしろ、「素人」がみんな「黙って」いたら、結局はマスコミなどの誘導を鵜呑みにするしかない。結果として「B層」はさらに広がることになる。
私見だが、この本の想定読者は、まさに筆者のいう「B層」なのではないか。そして、それを批判しているように見せかけて実は増殖させ、この本の売り上げを伸ばそうとしているのではないか。
もしそうなら、著者はなかなかの策士である。

   ▶ アマゾン ▶ 楽 天


気付いたことがあったのか?

日本をB層がダメにしたと主張してますが、
私としては、B層がダメにしたのではなく、
B層を誘導したA層が日本をダメにしたのだと思いました。

理由は簡単です。
"騙す方が悪いor騙される方が悪い"を考えてみてください。
私は、騙す方が悪いと考えているので、A層が日本をダメにしたと思います。

これは、人間の道徳や倫理、モラルの問題ですね。
例ですが…
"騙される方が悪い"を正当化したら、"詐欺は悪くない"という結論に至るからです。

B層だと罵られても、民主主義のバカだと言われても、
これは人間として守るべきもの(正しい道理)だと思っているので、
人として、譲れないところですよね(^^ゞ

それと、"B層はIQが低い日本人"という決めつけに対して思ったことがあります。


B層はIQが低い?

書籍やB層の話では、B層はIQが低い日本人と決めつけられていますが、
IQテストでは決断力や意志決定に影響する合理的思考力は測れないことが判明していることを
ふまえれば、理論が破綻しているといっても過言ではありません。

その証拠に、B層の定義である
「マスコミ報道に流されやすい「比較的」IQ(知能指数)が低い人たち」は、
マスコミ報道は、単純に自己実現理論から興味や関心といった人間が持つ欲求の問題と、言われた方が、素直に『そうだな』と思ってしまいます。

つまり、私としては、この『日本をダメにしたB層の研究』は、
個人的な主張のために、哲学者たちの言葉などをすり合わせたものであり、
分類されたA層・B層・C層・D層に意味はないと、思ったわけです。

そもそもIQと思考力に関連性がないため、B層の定義が成立しません。
そのため、人をA層・B層…などと表現することは、危険なことだと感じました。
私の結論としては、『B層はIQが低い』とは一概には言えないということです。


日本をダメにしたB層の研究の素晴らしいところ

この研究の素晴らしいところは、日本人の質の低下を指摘しているところです。
私としては、先の結論で書いたように、危険性があると感じています。

しかし、昔から哲学者であれ、科学者であれ、技術者であれ、
何であれ、ある程度のリスクを承知で社会に問い掛けることを先行していました。
この点を考えれば、未完の研究だと感じさせるものの、読めて良かったと思います。

研究でB層を明らかにして、指摘していたのは、以下の点です。
B層は、良識・日常生活のしきたり・中間の知・教養を軽視する・権威を嫌う一方で権威に弱い・共同体の慣習・過去に対する畏敬…などなど、その反面、一貫性が好きという点です。

この指摘から、間違った方向に流されやすく、取り返しのつかない人たちとも言えます。
この他にも、さまざまな指摘がされていますので、書籍を読んでみてください。
冷静に読めば、現代社会の大衆を鋭く捉えていることに気付くことができます。

B層が手に取ることを考え(特徴をふまえ)、書籍はあのように書かれたのでしょう。
そして、それが狙いであれば、B層から脱出できる方々、B層であってはならない方々、
B層に入り込んでしまいそうな方々向け(B層にならないための)書籍だと思いました。


結論から言えること

先述のとおり、私は『日本をダメにしたB層の研究』について、これはこれで良い本だと思っています。

ブログで記事にしている方の中には、常識を疑うことで、現在の社会や自分のこれまでの人生に疑問を持った方もいるようですし、自分の意識を改善することに役立っていれば、良本と言えるわけです。

ただし、私は結論に書いた通り、B層という定義は危険だと感じていること、
著者(適菜収氏)が日本をダメにした“B層”ってなんのこと?で述べていること、(下記)
A層はB層を相手にしたらお金になるから、マーケティングを駆使して、積極的にB層向け商品を作り続ける。B層はそれにカモられ続けるわけです。

これらをふまえ、カモられない方法を提案しておきます。


カモられない方法の提案

提案するカモられない方法とは、『思考力』を備えておくことです。

私見ですが…“カモられる(騙されやすい・損をしやすい)人”は、
人の話を最初から最後までじっくりと聞かない(良いとこ取りなど)
自分で考える力がない(相手任せ・操作されるなど)
という特徴があるように感じています。

この特徴については、
詐欺に騙された人の話をテレビでみていると、
『なぜ?』、『どうして?』
普通分かりそうなものだけど…と、皆さんも気付くはずです。

それだけ、『思考力』が低下している状態にあったわけですが、
私も含めて、みなさんもいつ何時、そういう状態に陥るか分かりません。

記憶力があれば、ニュースなどをみながら新手の詐欺情報などを、
記憶しておくことで防げますが、記憶したこと以外の詐欺には対応できません。
そのため、思考する力。考える能力。『思考力』が大切だと考え提案します。

また、“自分は思考力が低いのでは?”と不安な方も、
思考力は鍛えることもできるので、ぜひ、備えておくことを提案します。


『思考力』を備えよう

まず、思考力がないと、どうなるのか?鍛え方は?などなど、
私は、思考力の専門家ではないので、下記(専門家)の記事をお読みください。
 ▶ 思考力を鍛える『何事も肯定型で思考力をアップ』あなたは出来る?
 ▶ 脳を鍛える!『決断できない人』言い訳ばかりが出てくるのはなぜ?

私が取り入れている方法を紹介します。
自分の指針となるものと照らし合わせて、考えるようにしています。
例えば、おいしい話などが舞い込んできた時、下記の論語から考えるようにしています。
子曰く、君子は義に諭り、小人は利に諭る。
孔子は言った。君子(立派な人格者)は正しい道理がよくわかる。
小人(つまらない人間)は、自分の利になることがよくわかる。

正しい道理(人として行うべき正しい道、道徳に反しないか)を熟考するということですね。
このようなことを考えていれば、利益の仕組みなども考えるので、
詐欺のような仕組みには手を出さないです。まず、そういう気持ちにはなりませんので(^^)

それと、知人に『こんな話があるんだけど…』と、外からの意見を聞くことも、
一呼吸おいて、考えることになるので、思考するには良い方法だと思いますし、
周囲の人に話をして、詐欺だと分かった例もありますので、詐欺防止にも役立つはずです。

ただし、相手に答えを求めないことですね。
意見を聞くのは良いですが、参考程度と考え、自分で考えることが大事です。
人任せでは、恨み辛みの原因にもなりますし、脳が働きませんから…何もなりません(笑)


まとめ

思考力は、とても大切な能力であることがもう分かりましたよね。
そこで、今回、私が書いたこの記事と下記の記事を読み比べてください。
 ▶ 心地よいことを言うマーケッターに騙されたくはない

良否は別として…ハッキリ言って、かなり違います。

それだけ、環境(仕事や生活などの外部及び内部環境)によって、
同じ話でも、人間の捉え方は違うということを伝えたかったのですが、
自分が知らないことや、理解できないことは、分析することをお勧めします。

専門家に聞くのも良いですし、まずは自分でネット検索でも良いですし、
自分の中で答えを出す(思考する)ための材料を集めることから始めて下さい。

そして、自分の指針と照らし合わしたり、人の意見に耳を傾けたりしながら、
冷静に考えて答えを出せば良いわけですので、特に焦る必要もありません。
この繰り返しにより、情報をうのみにすることがなくなり、騙されることも防止できます。

このような分析や人の話を最初から最後までじっくりと聞いて、
自分で考えられるようになる『思考力』は、とても大切な能力だと思います。
しかも“カモられない人”になる能力ですから、社会では必須の能力とも言えますね。

紹介した書籍と雑談を通じて、何かを感じてもらえれば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:成功の為の気付き | GENRE:就職・お仕事 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。