ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 起承転転…漂白が進む街にまだ気づいていない意識の低い人間

起承転転…漂白が進む街にまだ気づいていない意識の低い人間


起承転転…漂白が進む街にまだ気づいていない意識の低い人間


みなさん、お疲れ様です。
今日は、ちょっと気になった記事から雑談したいと思います。

「起承転結」はご存知だと思いますが、『起承転転…』は知らない方が多いと思います。

私は、建設業(土木技術者)と言っても、この社会で生きる一員にしか過ぎず、
生きていれば、私と同じで、社会(特に身の周り)の悪には敏感になると思います。

それは、自分の身を守るためであったり、悪影響を及ぼさないようにするためであったり…
今だと原発問題などが、その筆頭だったりしますが、
自分の中で『悪』と判断した様々なことに対して、日常の中で反応していると思います。

今日は、記事をとりあげて、そんな雑談をしていきます。軽く読み流してください(^^ゞ


漂白が進む街に転がっている変化のサイン
自己目的化しない社会運動を続けるために

今日取り上げるのは、下記の記事です。記事は出所より読んでください。
売春島や歌舞伎町といった「見て見ぬふり」をされる現実に踏み込む、社会学者・開沼博。そして、クラブ規制で注目を浴びる風営法の問題に正面からぶつかり、発信をつづける、音楽ライター・磯部涼。『漂白される社会』(ダイヤモンド社)の刊行を記念して、ニュースからはこぼれ落ちる、「漂白」される繁華街の現状を明らかにする異色対談。
両氏による対談最終回では、社会運動を継続するために何をすべきなのか、そのヒントを探る議論へと話は深まる。


「糾弾・吊るし上げ型」だけではない、広義の社会運動・社会貢献

この記事を読んで、最初に思ったのが、ブログのことです。
ブログは、社会に情報を配信している個人のメディアのようなものです。

見方を変えると、情報を知らない人が、知ることにつながるため、
何らかの役に立つことを考えれば、広義の社会運動・社会貢献でもあります。

このような観点から、
私は、「糾弾・吊るし上げ型」ではないブログの記事を書くようにしています。
一言で言ってしまえば、『自分で100%の答えを出さない』ようにしているわけです。

もちろん怒りや憤りもありますが、読み手にとっては、歯切れが悪いと言うか…
落ちや結論のない余談に付き合わされている印象を持つ方もいると思います。

これは、私が「糾弾・吊るし上げ型」の記事を書いたところで、
建設業界や社会が、どうなるわけでもないことを知っているからです。

それに、100%の答えというものは、社会で生きているなら、自分自身で出すものであり、
他人に従うものや、ましてや強制されるものではないと考えているからです。


しかし、答えを出すには、その答えの基となる善悪の基準が必要になります。


思考停止をしない起承転転を前提に「起承転結」する

では、善悪の基準が、どこにあるのか?ということになりますが、
まずは、記事の引用(下記)をお読みください。
現実の事態は複雑だったり、流動的だったりするのにもかかわらず、安易に結論を導き出す。勝手に「起承転結」させてしまうことは、収まりがいいように見えて、思考停止しているということでもあります。だからこそ、「起承転転」でなければならないとおっしゃっていました。

 ただ、「『起承転転』は中途半端だ」「何を言いたいのかわからない」とも見えてしまうため、それならば、きっぱりと悪者を規定して、「あいつを叩け!」と言ってくれる指導者を求めてしまう。起承転転が良い、という前提を用意しなければ。

私が思う"善悪の基準"というのは、人の道徳にあり、
この社会の倫理やモラルに反映されていると考えています。

そのため、起承転結になってしまうと、
正しいものが決め打ちされた状態なので思考停止すると思っています。

つねに、考えること、それには身の回りの多くの人と会話することが必要です。
その会話の中から、自分の住んでいる社会の倫理やモラルが伝わってきます。

そこにあるものが、"自分の答えの基となる善悪の基準"だと思います。

また、多くの人の意見を聞くことは、他人に従うことでも強制されることとも違います。
自分ひとりが持つ狭い小さな世界の中だけで通用する答えではなく、
広く大きな社会の中で、生きていくために通用する自分の答えを出す作業なのです。

つまり、思考停止をしない起承転転を前提に「起承転結」する作業ということです。


例えば『天下り』について考えてみる

このブログでは、たまに『天下り』が出てきますが、起承転結では書いてありません。
ここでは、その天下りを例に考えてみたいと思います。

天下りは、その仕組みから、誰でも権力を利用した悪い事だと判断できます。

しかし、それが社会にとって『悪なのか?』という質問に対しては、
必ずしも定まった答えはないはずです。
天下りをする人にとっては、これ以上ない良いお金稼ぎの仕組みだからです。

また、その団体とつながりのある人たちにとっても、良い仕組みですが、
そうでない(無関係の)人にとっては、
税金を利用した搾取の仕組みだと分かっているため、悪い事だと判断できるわけです。

これだけの思考では、必要悪』に至り、思考停止してしまいます。
必要なのは、その先にある『正しいこと』について考えることです。


民主党がみせてくたもの

もうひとつ先のことを考える前に、今回、民主党が惨敗しましたが、
前回、政権を担っていた時に民主党が、私たちに見せてくれたものがあります。
まずは、そのことを前提(知っているもの)として考えるようにしましょう。

それは、こちらです。

動画名:国土交通省天下り防止 建設弘済会解散

もっと詳しく知りたい方はこちら

動画名:A-39 (社)関東建設弘済会ほか、(財)港湾空港建設技術サービス

最近では、このようなことも分かりました。

動画名:全国の厚生年金基金の6割に官僚が天下り(12/03/28)


正しいことを考える

このような天下りの仕組みや組織(団体等)がなくなればどうなるのでしょうか?
天下り団体や組織だけではなく、
天下りの仕組みもろとも無くそうとした民主党の現在が、その結果だと思います。

また、当時の世間話(グレーゾーンの発言)です。
団体や組織がなくなれば、
現在している仕事や従業員(天下りではない人)はどうなるのか?

このような問題に対応するために、NPOなどの市民団体があるはずなのですが、
実際に正しい仕組みで運営、また運用がされているかは、みなさんご存じのとおりです。
 ▶ 指定管理者制度を使った天下り

おそらく、私たち一人一人が個別に考えても結果は出ません。
議論にもなりませんが…ここからは、そのことを前提に書きます。

私の意見としては、たとえ天下りの仕組みもろとも無くしてしまったとしても、
必要な仕事なら新しい組織が必要になるので、その時に考えれば良いと思います。

つまり、難しく考えないで、新しく作り直し、
時代や社会の変化が起きれば、その都度、考えれば良いということです。

これについては、異論もあることでしょう。
しかし、相手を委縮させるようなことを言うより、
挑戦して失敗しても、成功するまで助け合う…その方が人間らしいのではないでしょうか。

程度の低い世間話(グレーゾーンの発言)に流され、そこで止めてしまわずに、
ただ、粛々と『税金を使っていること』のみを考えれば、正しい答えは見つかるはずです。
その正しい答えに向かうことが、正しいことだと思います。

天下りは、議員さんの方々が作った仕組みなので、その責任をとって、絶対に結果を出してほしいです。自分のケツくらいは、自分でふくことを国民は望んでいます。
税金を悪いことに使うから、国民が、その現実を知り政治的無関心に陥るのです。


まとめ

新しいことでも、ものづくりでも、すべてリスクを承知の上でスタートしています。
目標に向かうために、必要な議論をおこない、現実の結果から議論を重ねて…と、
起承転結ではなく、起承転転を前提に、その都度、起承転結しているわけです。

今日の話は、目標に向かって、
多くの人と試行錯誤すると言った方が分かりやすいかもしれませんね(-_-;)
建設業界にお勤めの方なら、
計画→設計→施工→供用・維持のプロセスを考えれば、分かりやすいと思います。

社会では、自分の考えや意見が、正しいこととは限りません。
そのため、世間話に流されないように、多くの人と関わりながら、
善悪の基準をつくり、自分の答えを考えていくのだと思います。

記事にも下記のようにありましたが、考えることはボケ防止にもなりますので、
これからもいろいろな記事を読んでは、雑談を通じて思考していきたいと思います。
本当の意味で「考え続ける」ということは、ある面ではコミットし続けることでもあります。また、他の人にも考えてもらうことでもありますね。

今日の記事を読んで、言い訳ばかりが出てきた方は、下記をお読みください。
きっと、役に立つ情報があるはずです(^^)
 ▶ 脳を鍛える!『決断できない人』言い訳ばかりが出てくるのはなぜ?

この記事が、みなさんの考えることに役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:今日のブログ | GENRE:ブログ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。