ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 建設業関係者ならおさえておくべき『入札・落札・発注機関情報』のまとめ

入札情報まとめ


建設業関係者ならおさえておくべき『入札・落札・発注機関情報』のまとめ


みなさん、お疲れ様です。
今日は、建設業関係者ならおさえておくべき『入札・落札・発注機関情報』のまとめです。

建設業に勤めている方なら、"発注機関の情報に縁がない"という方はいません。

それは…
公共工事が主体だからです。
いやいや、書く必要もないことでしたね(笑)

今日は、そんな発注機関の情報です。


発注機関の情報とは

発注機関の配信している情報で、
建設業に勤めている方がおさえておくべき情報は大きく3つに分けました。

1.工事や業務の入札、落札、調達に関する情報
2.工事や業務の契約関係・特記仕様書、共通仕様書に関する情報
3.積算基準・設計要領・施工管理等に関する情報

職種ごとにおさえておく情報が異なるため、この3つに分けてみたのですが、
それぞれの情報をみていくと…


1.工事や業務の入札、落札、調達に関する情報

工事や業務の入札、落札、調達に関する情報は、
会社の中では、営業の方のほか、それぞれの部署の役職と担当者の方、
中小建設業の代表者や経営にたずさわる方がよくみていると思います。

部署は会社によって、建築・土木・舗装などなど異なりますので、
この辺りは、省略して…

建設業は、工事や業務の落札によって
会社間のつながり(元請・下請・孫請…)が、影響を受けてしまいます。

そのため、この情報は多くの方が知っていると思いますが、
知らない方は、是非おさえておきましょう(^^)

入札に関する情報は、下記サイトから無料で入手できます。
▶ 入札情報サービス ▶ 日本貿易振興機構


2.工事や業務の契約関係・特記仕様書、共通仕様書に関する情報

工事や業務の契約関係・特記仕様書、共通仕様書に関する情報は、
まず最初に、入札のときに必要な情報になります。

おもに営業の方、各担当者、会社によっては積算の担当者などもいると思います。
それらの業務や工事の入札、直接現場に関わる方々がおさえておきたい情報です。

実際には、落札してから、契約関係などは進めていくのですが、
その前に、指名や競争入札の公告、告示の時には特記仕様書などの仕様書が必要です。
もちろん、契約関係の内容も照査しておかなくてはなりません。

そして、入札金額を決定するための積算をするのですが、
積算とは、工事や業務の規格など、それぞれの仕様に基づき金額を算出することです。

この積算については、
各建設業者が、仕様に基づき算出した金額をベースとして、
自社の能力を加味、調整して金額に差が生じることになります。

これが、建設業界では、競争と言われるものなのですが、
この競争に必要な情報が、
工事や業務の契約関係・特記仕様書、共通仕様書に関する情報になります。

ちなみに、業務や工事を直接担当する方は、
現場の実行予算を編成するため、契約関係・特記仕様書、共通仕様書のほか、
会社がベースとした情報をもとに、編成している方が多いのではないでしょうか。

このように、建設業者に勤めている方にとって、
契約関係・特記仕様書、共通仕様書に関する情報は、必要な情報だと言えます。


3.積算基準・設計要領・施工管理等に関する情報

積算基準・設計要領・施工管理等に関する情報は、
積算や設計、工事を担当する実務の方が主に必要とする情報です。

官公庁や地方公共団体によって、
積算基準・設計要領・施工管理等の基準は異なります。

扱う業務や工事が違うということもありますが、
簡単に言えば、質が違うと言う方が分かりやすいかも知れません。

例えば、山と海、田と川など、水と土であったり、
工場などのプラントと人が集う商業施設とは、全く異質ですよね。
そのような違いが、官公庁や地方公共団体によってあります。

大災害などによって決められる基準のほか、
地域特性といった、その地域だけに存在する決まりもあります。
それらを各官公庁や地方公共団体が、調査・分析して決定しているわけです。

分かりにくい説明となってしまいましたが、
このように、積算基準・設計要領・施工管理等に関する情報は、
積算や設計、工事を担当する実務の方にとって、とても重要な情報なのです。


『発注機関の情報』のまとめ

余談を交えながら書きましたが、
実は、全国の発注機関の情報はデータベースにまとめてあります。
まだ知らない方は、是非ぜひ活用してみてください。

発注機関:対象地域別
全国の対象地域別の発注機関です。各サイトの入札情報にリンクしています。

全国

北海道地方
北海道

東北地方
青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

関東地方
茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都23区神奈川県

中部地方
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

近畿地方
三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

中国地方
鳥取県島根県岡山県広島県山口県

四国地方
徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄地方
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

発注機関検索
発注機関名を入力して検索してください。

※ブログに設置してあるデータベース検索と同じものです


まとめ

どのサイトが役に立ちましたか?投票は簡単だったと思います。

発注機関の情報は、建設業関係者にとっては必須の情報です。

職種によって、必要の度合いは異なりますが、
現場監督さんなら、特記仕様書・共通仕様書・施工管理等に関する情報は、
日常的に利用していることと思います。

各種基準、文言や様式の変更は、年に一回が標準的だと思いますが、
時間のあるときにアクセスして、確認だけはしておくことをおススメします。
書類の手戻りが、仕事をしていて嫌になることのひとつだと思いますので(^_^;)

安全管理の資料をお探しの方はこちら
▶ 土木施工管理技士なら知っておきたい『安全管理』の基本と資料集


建設業法で定める許可業種分類(全28業種)がわからない方はこちら
▶ 建設業法で定める許可業種分類(全28業種)


この記事が、みなさんの土木関係情報として役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!

▶ 土木・土木|土木入門をみる

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:みんなに紹介したいこと | GENRE:ブログ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。