ようこそ
土木オンライン通信へ!

土木技術者

Author
土木技術者
つながりづくりを目的としてブログを始めました。
常に前向き(猪突猛進?ポジティブ?)なまだまだ勉強中の身ですので無礼な表現もあるかとは思いますが、応援して頂けたら幸いです。
今月のアクセスランキング
カテゴリ
  • SEOブログパーツ


▶ 新規登録

新着記事 

新着記事 

▶ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?

▶ 利他性の高い人ほど運がいい

幸運

利他性の高い人ほど運がいい


みなさん、お疲れ様です。

今日は、運の話です。
皆さんは、研究から導き出される結論に『利己的な人ほど運をつかむチャンスを失い、ますます損をする法則がある』のはご存知ですか?

詳しくは、解明! 運がない人は、なぜ運がないのかに書いています。運が良くなりたい人は、読んでみてください。
以下は、私の感想と考えですが、人との付き合い方にも通じるものがありますので、参考程度に読んでみてください。

利他性の高い人になろう

私が読んだ限りでは、"自分の損得ばかりを考えて行動する利己主義者は、正直者を出し抜いて一時的には得をします。が、長い目で見れば必ず損をする運命にあります。"

"関係の遠い人々にも思いを向けられる「いい人」に接すると、人は心を動かされ、その人と付き合いたいと思います。そうすれば、あなたはAさんのみならず、Bさん、Cさんにとっても「大事な人」となり結果、幸運に恵まれる余地も増えていくのです。"

つまり、『利他性の高い人ほど運がいい』ということです。

※利他性とは、人間の心の中にある、他人のために他人を思いやる気持ちまたは欲求のこと。

自分の今を考える

確かに、この記事を読むと論理的に説明されているため納得します。が、
問題は、運を左右する「平時」と「危機」とを分ける"現在の環境"です。

私たちを取り巻く環境は、日々変化していますよね。
身の回りのビジネスシーンにおいて、利他性の高い人はどのようになっているでしょうか?

一般的に考えると、利他性が高く技術があっても、優先順位にお金が入っているだけで、競争には負けてしまうことがあります。
それは、世間がコスト削減!コストカット!の声に流された結果、優先順位の1位がお金になっている企業を作りあげてしまったからです。

例えば、目先の利益を重視する会社では、利他性の高い人は長期的な視点で物事を考えるため、赤字のもとのように見られているケースがあります。

私の経験から話をすると…
チームで仕事をしたとき、毎日勤務時間内に昼寝をしている人が会社から称えられ、真面目に一生懸命働き、昼寝をしていた人の分までサービス残業で処理していた人が退職しました。
最終的な会社側の判断は「頭数さえ揃えばいい…新規雇用で賃金も安価になるから喜んで退職届を受理した。」と、話がありました。

私一人の身の回りでさえ、頑張っている人が苦汁を飲まされる理不尽な出来事があります。
このブログにある現場技術員等も、その一例です。
みなさんの身の回りでも、理不尽な出来事は起きているのではないでしょうか?
私の環境は、このように今は「平時」利己主義者が蔓延る時です。

利己性と利他性のバランス

利己主義者が蔓延る時に利他性を高め運のいい人になるには、どうしたらよいのでしょうか?
利他性が大事だからと言って、そればかりを優先してしまうと、他人から"余計なお世話やいい迷惑"と、煙たがられてしまいます。
そのため、利己性と利他性のバランスをとることが重要です。

利己性と利他性のバランスについては以下の文章をお読みください。
近年の認知科学が示したように、人間の行為の基盤に利他性があることは事実である。
社会的動物である人間は、「他人のため」に何かをすること自体を喜びとするように脳の報酬系ができあがっている。

自分のことばかり考えている人は端から見ていてみにくいものだ。
そのような心の状態を思い浮かべると、耐えられないものを感じる。

そのような機微に通じていた一人が、夏目漱石であろう。

しかし、全面的に「利他的」ということにはもちろんならないのであって、利己と利他のバランスが大切である。
とりわけ、何かを生み出すという精神運動においては、自分の内側の倫理規則、快楽原則に寄り添うことをしなければ良いものはできない。

他人に対する奉仕でしているのではない。
自らの内なる宇宙における喜びの回路に沈潜し、そこでは思い切り利己的に振る舞うことによって、初めて結果として他人に喜びを与えることのできる作品ができあがる。

そのようにして、利己性と利他性が甘美に結びつくところは、恋愛に似ている。

出所:利己性と利他性 2007/10/05 茂木健一郎 クオリア日記


まとめ

利己性と利他性のバランスについては、お分かりいただけたと思います。
ズバリ"恋愛に似ている"ということです。
バランスをよくするために"同性愛者になりなさい"ということではありません(笑)

また、人間は「悪者を見破る能力」を進化の過程で異常に発達させてきたそうです。
運がよくなりたい人は、利他性の高い人を目指し、その能力をフルに発揮させる時です。
いずれやってくる「危機」に備え、悪者に近寄らないようにし、利他性の高い人との付き合いを広げていくことが大切な時だと思います。

自分の今を考えることで、利己性と利他性のバランスをとりつつ、利他性の高い人と良い人間関係を育んでいことが、運のいい人になる秘訣のようですね。
この記事が、みなさんのセルフマネジメントに役立てば幸いです。

では、記事を読んで下さった皆さんに今日も感謝!!

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ土木オンラインへ

見逃してませんか?
THEME:みんなに紹介したいこと | GENRE:ブログ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

今月のランキング

人気記事
ブログパーツ
ランキング ▶ FC2のランキング順位をみる ▶ ブログ村のランキング順位をみる

掘り出し物の記事を探すなら


バックナンバー 
相互リンク&ブロともありがとうございます!
ツイッターもやっています
返信&リツイートありがとうございました
登録サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。